TOPへ戻る

TOPへ戻る

インプラント

インプラント治療とは?

入れ歯やブリッジに代わる新しい治療法としてインプラントが普及してきました。
歯を失った部分に人工の歯を植える治療です。なかには危ない、怖いといったイメージをお持ちのかたもいらっしゃるかもしれません。
しかし、きちんとした診断を行い、インプラントに適したケースに限れば、これほどすばらしい治療法はほかにありません。

治療の流れ、おおまかな治療期間

① カウンセリング(無料)

お口の中を拝見し、ブリッジ、入れ歯などを含めいくつかの治療法を提案します。
費用や治療期間の説明も行いますので何でもご相談ください。
インプラント治療が最善と思われる場合には精密検査へと進みます。

② 精密検査(無料)

CT撮影を行い、あごの骨の状態を調べます。
安全にインプラント治療が行えると診断できればインプラント治療開始となります。

③ お口の状態の改善

歯石がついていたり、歯ぐきに炎症がある場合はまず歯周病の治療を行います。
また近くの歯に虫歯がある場合は先に虫歯の治療を行います。

④ 一次手術

衛生管理を徹底した個室でインプラントを植えます。局所麻酔で行い、傷口を糸で縫います。
入院の必要はなくその日にお帰りいただけます。

⑤ 治癒期間

約1週間後に抜糸した後、インプラントがあごの骨にしっかりと結合するのを待ちます。
骨の状態によりますが3~6ヶ月ほどの期間がかかります。

⑥ 二次手術

こんどは手術といっても歯ぐきを少し切って、インプラントに歯の土台となる部分(アバットメント)を装着するだけの小さな手術になります。一次手術よりも短時間で終わります。

⑦ かぶせ物(上部構造)の製作・装着

型をとりかぶせ物を作ります。それをアバットメントに装着して完成となります。
かぶせ物はセラミック製で色調もオーダーできます。

当院におけるインプラント治療の特徴

当院では無理にインプラント治療をすすめることはありません。

患者さんの希望やあごの骨の状態、周囲の歯の状態などを考慮したうえで長期的にみてインプラント治療が最善だと思われる場合にのみおすすめしています。
また信頼性の高いインプラントメーカー製品のみを用意しておりますので、最初の段階でインプラントが骨にうまく結合しなかった場合には全額返金の保障をしております。

インプラント治療後のメインテナンスの重要性

インプラントは虫歯になることはありませんが歯周病になることはあります。

これをインプラント周囲炎といいます。インプラントを長持ちさせるためには患者さん自身による毎日のホームケアと医院で行うメインテナンスが重要です。
最初のうちは月に1度来院していただき、状態が安定していれば来院の間隔を長くしていきます。
定期的にメインテナンスに通っていただいたにもかかわらずインプラントが抜け落ちてしまったという場合には最大10年間、一定額を返金する保障を行っております。