TOPへ戻る

TOPへ戻る

入れ歯

入れ歯の種類、特徴

当院では患者さんの希望にあわせた入れ歯をお作りしています。

入れ歯(義歯)には一部の歯を失ったときに入れる部分入れ歯と全部の歯を失ったときに入れる総入れ歯があります。

① 保険の義歯

大部分がレジンというプラスチックで作られている入れ歯です。入れ歯を支える歯には金属のバネがかかります。
「保険の入れ歯では異物感が強い」「金属のバネが見えるのが嫌だ」という患者さんには、より性能の高い入れ歯を選んでいただくこともできます。

② 金属床義歯

プラスチックの部分を減らし、できるだけ金属を使用して作った入れ歯です。
強度の高い金属を使用してうすく仕上げることができます。異物感が少なく変形もしにくいという利点があります。

③ ノンクラスプデンチャー

金属を一切使わない入れ歯です。
耐久性に劣りますが、やわらかくフィットするタイプの入れ歯で見た目がとても自然な仕上がりになります。